憧れていた胸と現実の胸

小学校2年生くらいの頃トイレに座り胸についてよく考えていました。

「今はペタンコでも中学生になったらこのくらい」
「高校生になったらこのくらい」
「大人になったらこのくらい」

なんて自分の胸に手を当てて理想を想像していました。
多分、自分の母が割と胸が大きかったので当たり前に大きくなるもんだと思っていたと思います。

http://kryptowar.com/

ですが、現実は中学生になってもあんまり変わらず…高校生になっても…それどころか大人になっても大した大きさにもならず理想と現実ってやっぱり違う。
大人になるまでは成長期だと思えばなんか切り抜けられてきたけど、大人になるとそうも行かないもんですね。

胸が小さいとお洋服をきれいに着こなせる事に気付きましたが、どうしても着こなせなかったのは水着です。
あれってなんで下着の様なサイズ分けになってないのでしょうか。なっていたら小さい人ももっときれいに着こなせるのに!
パッドを入れれば入れるほどなんか浮くというか…やっぱり変!ってなってしまって今でもほとんど水着は着ません。

私も30代後半なので今更無いものねだりもないですが、それでも正直胸のある人羨ましいし、ある程度の大きさが理想ですが、誰しもがこんな感じの事はあるのかなとおもいます。
だから自分で言うのもなんですが小さい頃を思い出すとちょっと可笑しくてかわいいです。