シミに対するスキンケアケア意識

シミができ始めたのは28歳あたりからでした。

ビューティーオープナージェルの口コミを完全レポート!使い方から効果までを暴露します!

新婚旅行で行ったハワイから帰ってきたときに気づきましたが、日焼け止めや美白美容液などを使い、自分としてはしっかり目にケアをしていたと思っていただけにかなりショックでした…。

シミといっても肝斑は消えると言われてますが、それ以外のシミはレーダー治療等でないと消えないとされています。あとは念入りな美白ケアですが、スキンケアですと限りなく薄くするくらいが限界かと思われ、一度できてしまうとやはりショックが大きいですね。

シミはどうしても見た目的に老けて見えてしまう要因ですし、透明感あふれる肌の持ち主であってもその一点が曇りどころか黒点のようにどうしても気になってしまうものです。

「主人が、頬骨にできるてるシミ、気に入ってるの♪」なんていう状況でもない限り、鏡を見る度に滅入ってしまいます。

もちろん産後の肌質の変化や、遺伝的な要因もあると思いますができないに越したことはありませんよね。

25歳がお肌の曲がり角といわれてきましたが、体感的には30歳前後のアラサーからかなという気がします。

まだ若い学生時代からのスキンケア意識している方はそのままぜひ継続していってもらいたいなぁと老婆心で思ってしまいます(^^;)

せめてこれからは増やさないために美白ケアはもちろん、ビタミンCの摂取も意識しようと思っています!

シミは肌の生まれ変わりが部分的に順調でないときに現れやすいそうなので、シミ予防ケア=念入りなスキンケアに繋がりますしね。

肌の生まれ変わりが順調になると、いろんな肌悩みは改善しやすいです。

しっかり保湿!

トラネキサム酸やビタミンC誘導体など美白有効成分が入った美容液でケア!

そして日焼け止め等で肌をしっかり守るケア!の3ステップは、シミ予防だけでなく、乾燥やシワなども予防できるので、

新たな肌悩みを増やさないためにもしっかり継続して毎日楽しく過ごしたいなぁと思っています。