医学的観点からのダイエット術を体験しました

 私は3ヶ月で88kgから74kgまで体重を落としました。重度の心臓病の入院だったため、体重を落として心臓への負担を少なくする目的でしたが、病気でない健康な人でも同じ方法をとれば、栄養士さんの考えた最低限カロリーで栄養もとりつつ、リバウンドも無く、健康的な食生活に慣れれば、その後の体系と健康維持に役立ちます。

グラマラスパッツ

 実際にきつかったのは水分を抜くために、1日100mlのみだけ水分を取ります(水太り解消が出来ます)。ご飯は白米7分目程度、おかずは一品で、野菜系の煮浸し。

 若干つらかったので、主治医に相談して、大好きな[とろける杏仁豆腐]というコンビにスイーツを一週間に1回ご褒美として食べたいと伝えて許してもらえました。アメとムチ的な感じでしたが、食事に喜びを感じられないと続きません。

 私の場合は更に命がかかっていたので続きましたが、たまに出てくる大目なカレーうどん等が出てくる嬉しい日もあれば、めざし一本とスライスチーズ1枚と食パン1枚という地獄の様なときもありました。

病院の栄養指導を受けるのもダイエットの近道です。