セットアップが大変すぎるWi-Fi

私がネットの悩みを抱えたのは、1年前に一人暮らしを始めた時だ。今まで実家で両親に頼りきりになっていた私に初めて訪れた試練が「Wi-Fiのセットアップ」だった。http://www.iea-pvps-task10.org/

そもそも、用具の名前がわからない。仕組みも説明書に図として掲載されているが、全く理解できない。説明書通りに設定してみても、なぜかスマホとネットが繋がらない。カスタマーセンターにも電話してみた。なかなか繋がらない。そりゃ、そうだ。私みたいな人が全国に何千人いたのだろうか。

やっと繋がったカスタマーセンターの女性の方に、自分の状況を説明してもうまく言葉にできない。そもそもどの段階に自分が今いるのかわからない。「〇〇は点灯していますか?」「こちらの設定は〇〇となっております」などと蜘蛛の糸のような細い助け綱が次々と降りかかってくる。

そして、あるとき突然、ネットがつながり全てが円滑になった。あのときのカスタマーセンターの方、ありがとう。

今になって思う。この世の中にある「便利」と言われるものはとても繊細で細かな作業を続けた先にありつけるものなのだと。Wi-Fiの環境設定なんか、特に繊細である。いつもやっている人であれば、なんてことないかもしれないが初めてや滅多に触らない人からしたら説明書も、もはや説明書にはなってない。だから、もっとわかりやすい説明をお願いしたい。

左利きの娘

我が家の娘は左利きです。http://www.ustom33.org/

お箸も鉛筆もすべて左で使います。

最近はテレビでも左利きの方がたくさん出ているので、利き手については特に心配していないのですが、道具だけが少し違います。

学校で購入する文房具の中には「左利き用」の物がいくつかあります。

一般的なのはハサミです。

子供が生まれるまでは左利き用と右利き用の違いが分かりませんでしたが、実際に使ってみるとたしかに使い勝手が違っていました。

後は、あまり知られていませんが定規にも左利き用があります。

数字の並びが左からか右からかの違いです。

また、お箸の持ち方を覚えさせるのに、練習用のお箸を買ったのですが、これも左利き用があります。

たしかに指の置き位置が違うので、左利き、右利きそれぞれに必要です。

こういうものが簡単に買える世の中で良かったと思っています。

しかし、学校の授業ではそうはいきません。

小学校低学年のときは特に問題ありませんが、3年生になるといよいよ「習字」が始まります。

右利きの方はほとんど意識しないと思いますが、筆の運び方は完全に右利き用なのです。

道具に関しては「左利き用」を買うことで他の子と差別なしにできましたが、習字だけはごまかしようがありません。

小学校にあがる前から気になっていて、入学前の説明会でもわざわざ聞いてしまったほどです。

先生は「大丈夫でしょう」とおっしゃいましたが実際は不安が残っています。

自宅で筆ペンを使わせて文字を書かせてみましたが、なかなか難しそうです。

私自身も試しに左手で書いてみましたが、筆を持つ手がおかしな方向にいってしまいます。

娘はなんとか右手で書く練習を今しています。

もしお子さんが左利きのときは意識しておいたほうが良いかもしれません。

私の子供の口臭が気になります。

私の子供は、最近口臭がひどいなと思うことがあります。

カラメトルーノ

朝起き掛けに、子供が近くに来た時にそれをよく感じます。なので、私は「食べ物が悪いのかな、何か影響しているのかな」ということを感じています。ということで私は子供に挙げるのは親の役目だから、親がしっかりしなければなと思って、最近子供の食べ物によく気を付けるようになりました。

特に子供はあまりものが大好きなので、虫歯も結構できてしまっているんです。だからそういったことがいけないのだなと思って、最近甘いものは控えるようにしています。家にはおやつを置かないとか、あまり清涼飲料水を買わないとか、そういったことをして心がけています。この間も歯医者さんに、清涼飲料水は飲まないようにと言われてしまいました。

なので、やっぱりダカラとかはやめておいたほうがいいのだなということを感じています。ただ、義理の両親が買ってきてくれるんですよね。断るのにも断れなくて困っていますが、少しずつ飲ませないようにします。そして、あまり甘いものを食べさせるよりも、もう少し野菜を食べさせて、体の中を変えていこうと思います。そのほうが子供にとってもいいですし、家族のためになると思いますので。

唾液は口臭にとてもよいことになります

唾液の減少というのは口の中においてはとてもよくないことです。

カラメトルーノ

唾液は口臭予防にとても重要な要素となっています。唾液というのは口の中の細菌とかを減少させる効果があるということにはなっていますので、それが少ないとどうしても口の中が臭くなるということになります。

口の中を洗い流す作用などがあるわけであり、これによって口の中の粘膜を保護する作用などが期待できるようになります。唾液の分泌が少なくなるとむしろ口の中というのは不潔になったりするということになるのでそこから口の臭さというのが発生する可能性が高いです。

どうして唾液が少なくなってしまうのかということなのですが、色々と理由があるのですが例えばストレスであったりとか、病気であったりします。自分の唾液がどうなのかというのはなかなか判断が難しいことではありますが唾液の量を増やすということのためにガムを噛んだりとか飴をなめたりしているというのは実は日々の口臭対策になったりします。これは誰にでもできることですからお勧めできることでしょう。ガムを噛むというのは本当に効果的なことになります。特にガムを噛んでいて問題ないのであれば積極的に噛むようにしましょう。